MENU

当選確率を上げるにはどうすればいいのか

IPOが公開されるとまず、初値が付きます。この時点で、この持ち株を売却すれば、公募価格と初値との差額が投資家の利益になります。もちろん、もしも初値の方が、公募価格を下回っている場合には、それは損益ということになりますし、その場合、この株を利益が出るまで持ち続けることも当然、可能、と言うことになります。IPOでは初値が公募価格を下回ることは、めったにありませんが、可能性としてゼロではありませんので、覚悟をしておくことだけは必要でしょう。現在、主流であるブックビルディング方式の場合のIPOは、公開された株式の数よりも、その株を買いたいという希望投資家が多い場合は抽選で購入者を決めることになっています。この抽選は、ほとんどの場合、コンピュータによって行われます。そのため、抽選の過程は完全にシステム化され、抽選の透明性や、公平性を確保して、無用な疑いを避けるため、人間が途中で関与することが全くないようにされていることが多いようです。その抽選に当選して初めて、買うことが出来るという状況になっています。しかし、人気の高い銘柄の場合、せっかく申し込んでも、なかなか当選をして、買うことができないという問題もあります。それでは、IPOの当選確率を上げて、株を購入するためにはどうすればいいのでしょう。その答えは非常に単純で、かつ明快です。つまり、複数の証券会社からIPO申し込みを行うのです。IPOは株を公開する企業ではなく、企業からの依頼を受けた証券会社が行っています。その依頼を受けてIPOを引き受けた証券会社のことを主幹事証券会社と呼ぶのですが、ここで一つ、忘れてはならないのが、主幹事証券会社以外の証券会社でもIPOの申込みを受け付けている、と言うことです。できるだけ多くの証券会社で申し込んでおけば、それだけ当選する確率が高くなることは、明白な事実です。また証券会社の方でも、顧客のために、さまざまなサービスを取り揃えており、IPOの抽選に外れるごとにポイントがもらえ、ポイントを使うと当選率がアップする、という証券会社もあれば、ブックビルディング開始の初日に申し込むと、当選率がアップする証券会社、外れると、IPO落選お詫び料20円がもらえる証券会社等もあります。また、特にサービスは謳っていなくても、主幹事の銘柄を数多く持っている証券会社もあります。是非詳しく調べた上で、できるだけ多くの証券会社で申し込みを行うようにしてください。窓口が多ければ多いだけ、当選する確率は高くなるのです

未公開株とは

未公開株とは未上場株とも言われるように、証券取引所で上場していない、及び日本証券業協会へ登録していない株のことです。中小企業やベンチャー企業だけではなく、大手でもあえて未公開にしている企業もあります。企業側として未公開にしている理由は、株主は実質上の会社のオーナーとなるので、株の買い占めなどによる会社の乗っ取りを防止するためや、不特定多数の投資者に株を所有されないためなど、ベンチャーだからということも含めてさまざまです。投資家にとっては、未公開株は上場した際に付加価値がつくことが多く、大きな利益を得られる可能性があるため、上場する前の安い価格で購入をしておきたい株であり、大変人気があります。IPO株と混同し易いですが、IPO株は新規公開株で上場が前提となっている株であり、未公開株は上場するかどうかはわからない株になります。そのため、上場して付加価値がついた場合の利益も大きいですが、上場しなかった場合の値下がりや、さらに倒産してしまった場合にはただの紙くずとなってしまうので、リスクも同様に大きくなります。この点が未公開株のデメリットとなります。この未公開株に対して、以前は限られた機関投資家のみしか投資ができませんでしたが、未公開の中小企業にも資金調達の場を提供する目的で、現在では個人投資家でも売買ができるグリーンシート銘柄が登場しています。これは日本証券業協会によって発足されたグリーンシート市場にて取引されていますが、正規の市場ではなく、証券会社などの店頭での販売となります。店頭取扱有価証券として規定された銘柄で、売り買い気配を提示している証券会社でなければ投資勧誘は行えないとされていますが、参加できる証券会社は増加傾向にあり、ディー・ブレイン証券会社など未公開株専門の証券会社も登場しています。しかしこの未公開株の人気に伴い、悪質な未公開株詐欺も増加しています。主として、架空の株に対して確実に値上がりをする未公開株があるなどの話を持ちかけて、料金だけを振り込ませたり、法外な価格で売り込んできたりなどの手口があります。ネットの情報や日本証券業協会などからも注意が促されているもの、被害数も多いようです。未公開株は魅力的な株ですが、未公開株譲渡の話があった場合には、実際に存在する銘柄か、証券会社か、所在地はどこかなど、上手い話であればあるほど細かく調べ、自分で自分の資金を守るように心がける必要があります。

株と余裕資金

株を始める際には余裕資金を使って行うようにしましょう。株を行う際の資金は、どんなお金だかは、人それぞれ違っているのでわかりません。それが今まで貯めてきた大事なお金かもしれませんし、もしかすると、定期貯金をおろしたお金なのかも知れません。しかし株取り引きをおこなう際には、余裕資金を使って行うのが一番安全です。余裕資金というのは、余裕のある資金のことを言います。そのお金がもしもなくなったとしても、生活に関係がないというお金で、そのお金が万が一リスクを負って0になったとしても、諦めがつくお金、そのお金は当分は使わないので、今投資しても困らないお金。このように、生活資金でもなく資金に余裕があり、そしてリスクを背負ってもあきらめられる気持ちに余裕のあるお金で、そしてそのお金はすぐに使うこともないので、時間的にもお金に余裕があるお金のことを余裕資金と言います。もしも今例を挙げた中で、どれか一つでも余裕がないような場合には、それは株にまわすのに向いていないお金です。たとえば、リスクにさらされてもよくて、生活資金として困らないというお金であっても、2ヶ月後に、必要なお金だと決まっている場合には、株の投資に使ってもいいというお金ではありません。生活費を株の投資に使うという人はほとんどいないと思います。しかし数か月後までは使わないので、それまで株取引を行って、少しでもお金が降ればいいと思っている人もいると思います。しかしこれはよくありません。時間が気合っている資金というのは、株の取り引きに使えないのです。インタネットで株取引を行うという人の場合には、意外と損切りをするのが難しくて、何年も株価が上がらずに手放したくても手放せないようなそんな意味も価値もない株になってしまいます。株投資をするのに向いているお金は、生活に影響を与えないお金で、そして万が一、損をして0になってしまった場合でも、諦めがつく、納得のいくお金で、時間的にいつまでしか使えないという期限が付けられていないお金を使うことが大切です。それが余裕資金です。株投資には、余裕資金を使うこと、それが大切です。株投資は数年前に比べると手軽にできるようになり、ネットでパソコンのクリック一つで取引可能になっているので、手軽に始めてしまう人も多いですが、始める際の資金としては、余裕資金を使うこと、それだけは守らなくてはいけないことを覚えておきましょう。